• 印刷する

欧米からの入国者の隔離免除 英、ワクチン完了者と未成年対象

イングランドで2日午前4時から、米国と欧州連合(EU)の新型コロナウイルスのワクチン接種完了者を対象に、感染リスクが中程度とされる「黄」リスト国からイングランドに入国した際の10日間の自主隔離が免除された。英政府はこれにより、経済回復に加え、外国に住む家族や友人が再会しやすくなるとしている。併せて、イングランド発の国際クルーズ船の運航が16カ月ぶりに解禁となった。

自主隔離が免除されるのは、EU域内で欧州医薬品庁(EMA)が承認したワクチンか、米国内で米食品医薬品局(FDA)が承認したワクチン、またはスイスのワクチンプログラムで接種を受けた入国者。入国後8日目の感染検査は不要だが、出国前のラテラルフロー検査かPCR検査、入国後2日目のPCR検査は受けなければならない。18歳未満も自主隔離の免除対象で、年齢によっては検査の必要もない。

なお、フランスからの入国者には別の規制が適用される。

航空各社は今回の決定を歓迎しつつも、感染リスクが低く、入国後の自主隔離が不要な「緑」に分類される国を増やすよう政府に呼び掛けている。

ロンドン・ヒースロー空港を運営するヒースローのジョン・ホランドケイ最高経営責任者(CEO)は、現在の渡航規制が複雑であると指摘。PCR検査を廃止して、より安価なラテラルフロー検査のみにするなど簡略化とコスト削減を求めている。


関連国・地域: 英国EU米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ロンドン証取、パリ追い抜く 再び欧州最大に=仏政局混乱受け(06/19)

英再生エネ会社、ルーマニアで大口融資獲得(06/19)

NATO基金、欧州の先端技術企業に初投資(06/19)

労働党の対EU貿易政策、効果は「最小限」(06/19)

ロンドンの労働生産性が低下=在宅勤務影響(06/19)

英の対イスラエル武器輸出許可額、95%減少(06/19)

英国の再生エネ輸出に影響 EU国境炭素税、利益5%減も(06/18)

製造業、EUとの貿易関係の再構築望む(06/18)

リフォームUK、総選挙公約発表=移民抑制(06/18)

資産管理サイドキック、850万ポンド調達(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン