• 印刷する

英、感染者数が5日連続減少 封鎖なしでの持続的減少は初

英国で新型コロナウイルスの新規感染者数が減少傾向にある。18日時点の1日当たりの新規感染者数は4万8,161人だったのに対し、25日時点では2万9,173人となった。この日までに2月以降で初となる5日連続で感染者数の減少が続いており、ロックダウン(都市封鎖)を課すことなくこうした持続的な減少が見られたのは初めて。BBC電子版が26日伝えた。

保健・社会福祉省によると、25日までの過去7日間の新規感染者数の平均は、前週比15.4%低下したという。また、英国ではこれまでに4,600万人超が1回目のワクチンを、3,700万人超が2回目のワクチン接種までを完了している。

イーストアングリア大学のハンター教授は「現在のデータからは、少なくとも今夏は良好な見通しのようだ」とコメント。一方で「19日の大幅な規制解除後の影響は、あくまで7月末ごろからデータに反映されることになるだろう」と指摘している。

しかし、エジンバラ大学のウールハウス教授は「ワクチン未接種の成人少なくとも800万人と18歳未満の子どもなど、感染拡大の潜在的な要因は多数ある」と指摘。その上で、今夏のうちに感染者数が増加する可能性があると警告した。

こうした中、先に新型コロナウイルスに感染したジャビド保健・社会福祉相は24日、自身が症状から回復したことを公表。その際、「われわれは新型コロナウイルスに怖気づくのではなく、共に生きるべきだ」とツイッターに投稿した。しかし、これが配慮に欠ける発言だと物議を醸したことで、その後投稿を削除し、言葉の選び方が不適切だったと謝罪した。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

石油シェル、中核事業を統合 組織簡素化で業績強化=7月から(01/31)

BP、石油・ガスの長期需要見通し引き下げ(01/31)

格安スーパーのリドル、英生産者へ投資拡大(01/31)

ユニリーバ、ハインツ元幹部を新CEOに(01/31)

地域航空フライビー、2度目の経営破綻(01/31)

保険L&G、CEOが引退=後継者探し開始(01/31)

ロンドン超高級オフィスビル、香港社が取得(01/31)

英、長期経済成長構想を発表 グリーン産業などの投資促進へ(01/30)

チェコ金融クレディタス、英発電会社を買収(01/30)

セインズベリー、ベストウェイが株式取得(01/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン