• 印刷する

欧州の水素需要、2050年には1億トン超に

欧州の水素需要は2050年までに年に1億トンを超える見込みで、このうち5,000万トン以上が交通分野、4,500万トンが鉄鋼やセメント、化学などの工業利用になる――。大手会計事務所デロイトを中心に、研究機関の仏IFPエナジー・ヌベルとノルウェーのSINTEFがまとめた報告書で、こうした見通しが明らかになった。

欧州連合(EU)が掲げる「50年までに気候中立」の目標を達成するには、再生可能エネルギー電力由来のグリーン水素が重要となるものの、報告書では今後の水素需要を満たすにはグリーン水素だけでは不十分と指摘。技術的に多様なモデルを採用することで50年までに水素のバリューチェーンを構築するコストを2兆ユーロ削減できるとして、水素生産ではすべての選択肢を用意するよう政策立案者に求めている。

50年の水素需要をグリーン水素で満たすには、EU内で太陽光発電と風力発電の発電容量がそれぞれ1,000~1,700ギガワット必要になると予測。現在は太陽光発電が120ギガワット、風力発電が170ギガワットと必要な発電容量の10%にすぎない。このため、天然ガス由来の水素を二酸化炭素(CO2)回収・貯留(CCS)を通じてクリーン化したブルー水素を促進する必要性も示している。水素を供給するパイプラインも既存のガスのパイプラインを再利用することで、インフラコストが20%程度に抑えられるという。

またロシアやイランなどガス産出国からの水素輸入の重要性にも触れ、気候中立に向けた移行期には必要な水素の約15%がEU域外からの輸入に依存する可能性があるとしている。[環境ニュース]


関連国・地域: フランスEUノルウェーロシア中東
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ウクライナ和平協議、スイスで開催=6月(04/12)

欧州議会、大型車両の排出削減法案を可決(04/12)

欧州議会、炭素除去認証制度を承認=世界初(04/12)

欧州中銀、5会合連続で金利据え置き(04/12)

欧州議会、移民・難民制度改革案を可決(04/12)

EU、都市廃水処理規制を強化(04/12)

伊藤園、「お~いお茶」をドイツで生産(04/12)

ユニクロ、欧州で10店舗を新規開店へ(04/12)

EU、中国の風力タービン企業の調査開始(04/11)

デジタル市場法効果で小規模ブラウザー急伸(04/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン