【ロシアはこう読め】石油巡るロシア・ベラルーシ関係とその異変

■石油はベラルーシ経済の生命線 2020年8月の大統領選挙以来、ベラルーシでは緊迫した情勢が続いている。1994年から4半世紀を超える長期政権を築いている独裁者ルカシェンコ大統領と、その暴力支配を脱しようとする市民が対峙している。 ベラルーシという国は、東の大国ロシア…

関連国・地域: EU
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ヤラ、アンモニア生産を縮小=ガス高騰受け(09/20)

【今週の主な予定】9月20~24日(09/20)

台湾、EUに通商交渉の早期開始を要請(09/20)

ユーロ圏インフレ率、8月は3%=改定値(09/20)

ユーロ圏求人率、第2四半期は2.3%(09/20)

ユーロ圏建設業生産、7月は0.1%増加(09/20)

若年ニート率、イタリアが26%で欧州首位(09/20)

カザフスタン政府、独自の炭素税導入を検討(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン