• 印刷する

与党CDU、選挙戦を始動 SNS主軸のデジタル戦に

ドイツの中道右派与党・キリスト教民主同盟(CDU)は6日、9月26日の総選挙に向けた選挙戦を正式に開始した。「共にドイツを築こう」をスローガンに、ソーシャルメディアを主な舞台としたデジタル戦となる見通しだ。

同党のポール・ツィミアク書記長は選挙戦について、「これまでで最もデジタルな選挙キャンペーンとなる」と説明。また、今回の選挙では郵便投票の果たす役割が大きいとし、「郵便投票が始まれば、毎日が選挙キャンペーンだ」と強調している。

ただ、新型コロナウイルス対策に配慮しながら伝統的な有権者宅訪問も実施する予定。また、CDUの首相候補に選出されているラシェット党首は現在、姉妹政党キリスト教社会同盟(CSU)のゼーダー党首と共に、全国遊説を行っている。

CDU・CSUは先に公表したマニフェストで、増税を行わないと公約。旧東ドイツ地域の経済開発支援のため東西統一後に導入された「連帯税」も廃止し、低・中所得世帯や子供のいる世帯の税負担を軽減するとしている。このほか、新たな借り入れを国内総生産(GDP)のわずかな割合に制限する「債務ブレーキ」の維持や、経済成長と両立する形での気候変動対策を約束している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

独、ノルドストリーム2を政治的に利用も(01/19)

ウクライナ支援、英独の姿勢に温度差(01/19)

独景気期待指数、1月は大幅に改善(01/19)

独農業相、「動物福祉ラベル」導入を提案(01/19)

独ホテルチェーン、サウジで高級ホテル開発(01/19)

独各地でコロナ規制反対デモ=7万人参加(01/19)

EU財政規律見直し、独仏の対立鮮明に(01/19)

コロナパス導入国、経済効果を確認=研究(01/19)

独外相、露・ウクライナ訪問 外交ルート通じた緊張緩和図る(01/18)

ショルツ首相、スペイン首相と会談(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン