• 印刷する

下院、サプライヤーの監視強化法案を可決

ドイツの連邦議会(下院、定数709)は11日、国内企業に対し、国外のサプライヤーが人権尊重や環境保護に取り組んでいることの確認を義務付ける「サプライチェーン法案」を、賛成412票、反対159票で可決した。世界的な強制労働や環境汚染の防止が狙いで、確認を怠った企業には罰金などの制裁が科される。

同法はまず2023年に、従業員3,000人以上の企業約900社に適用され、24年からは従業員1,000人以上の企業約4,800社に対象が拡大される。

違反企業には、世界売上高の最大2%の罰金が科される可能性がある。また、17万5,000ユーロ以上の罰金を科された企業は、ドイツ政府の公共入札への参加資格が一時的に停止される。

この法案を巡っては、かねて産業界から官僚主義的な手続きが増し、価格上昇につながる恐れがあると反発する声が上がっていた。一方、貧困や不正の根絶を目指す国際非政府組織(NGO)オックスファム・インターナショナルは、同法案では企業が直接取引するサプライヤーしか監視できないと批判している。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

VWが買収提示額引き上げ ヨーロッパカー、出資者も支持(07/28)

ベルギー、外国人船員に無料でワクチン接種(07/28)

NRW州、屋内マスク着用を再び義務化(07/28)

ビオンテック、mRNAでマラリアワクチン(07/28)

越ビンファスト、社長に独VWの元幹部任命(07/28)

独西部の化学工場で爆発、1人死亡(07/28)

イベルドローラ、独再生エネ社の越事業買収(07/27)

CDU党首、被災地訪れ談笑 批判噴出で謝罪=「非常に後悔」(07/27)

独首相府長官「ワクチン未接種者に規制も」(07/27)

独、スペインなどから帰国の未接種者隔離(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン