EUの新排出削減目標、効果には疑問も <連載コラム・環境フォーカス>第54回

欧州議会と欧州連合(EU)理事会は4月下旬、欧州気候法案を承認し、2030年までに温室効果ガス排出量を対1990年比で55%削減する新目標で合意した。この目標は、90年比で40%減を目指す現行の目標に代わるもので、野心的とみられていた。時に合意が危ぶまれる局面もあっただけに…

関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

EUや英国など、ベラルーシ当局者に制裁(06/23)

フランスなどでナイトクラブ再開の動き進む(06/23)

欧州当局、公共の場でのAI顔認識禁止要求(06/23)

エシロールルクソティカ、買収計画を見直し(06/23)

仏石油トタル、ステランティスと提携延長(06/23)

豊田自動織機、欧州産業車両事業を再エネ化(06/23)

タイ観光、欧米から7月予約が7千人弱に(06/23)

EU革新性ランキング、首位はスウェーデン(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン