EUの新排出削減目標、効果には疑問も <連載コラム・環境フォーカス>第54回

欧州議会と欧州連合(EU)理事会は4月下旬、欧州気候法案を承認し、2030年までに温室効果ガス排出量を対1990年比で55%削減する新目標で合意した。この目標は、90年比で40%減を目指す現行の目標に代わるもので、野心的とみられていた。時に合意が危ぶまれる局面もあっただけに…

関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【クルマの新時代】コロナに半導体不足、でも利益率好転 逆風が強いたビジネスモデル転換(09/24)

欧州司法裁の法務官「VWのソフトは違法」(09/24)

9月は過去5カ月で最低 ユーロ圏総合PMI速報値(09/24)

EU、スマホ充電ケーブル端子の規格統一へ(09/24)

欧州一般裁、アルティスの買収巡る罰金支持(09/24)

CO2不足、欧州でも深刻化の恐れ(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン