副首相、従業員パートナーシップ企業の設立提言

ニック・クレッグ副首相は16日、ロンドンの金融街シティーで開かれた講演会で、生産性向上を目指し経済停滞を避けるため、被用者自らが所属企業の株式を保有する従業員パートナーシップ制度を取り入れるよう提言した。BBC電子版が伝えた。

同副首相は、英国経済の現状について「資本主義が過度に進んでいるのではなく、株式を保有する人々が少な過ぎる」と分析。さらに多くの従業員が自社株を保有すべきで、いわゆる「ジョン・ルイス型経済」のさらなる創出を期待すると述べた。

引き合いに出された百貨店・スーパー大手のジョン・ルイス・パートナーシップは、同名の百貨店と高級スーパーのウエイトローズを経営。7万5,000人をパートナーとするユニークな経営形態を取っている。そのため、業績は従業員の報酬に直接反映され、2011年1月通期には賃金の18%に相当するボーナスが支給された。


関連国・地域: 英国
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料商業・サービス雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

パディー・パワー、米事業を米社と統合(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

小売売上高、4月は1.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

生産者物価、4月は2.7%上昇(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

GFG、豪VIC州にEV製造拠点を建設か(05/25)

資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定(05/25)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン