【ニュース深掘り】ロシアの巧みなワクチン外交 欧米の間隙突く輸出で存在感

欧米を中心に新型コロナウイルスのワクチン開発競争が加速していた2020年8月、ロシア製ワクチン「スプートニクV」は、少々型破りな形で現れた。当時、第3相臨床試験の前段階にもかかわらず、「世界初の新型コロナワクチン」の確立を急ぐロシアが国として承認。欧米諸国は当初、…

関連国・地域: EU
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

疑問符だらけ、英国の水素戦略 <連載コラム・エネルギーTODAY>第54回(09/17)

カザフスタン政府、独自の炭素税導入を検討(09/17)

スペイン電力業界、価格引き下げ策に反発(09/17)

欧州新車登録、8月は18.1%減少(09/17)

欧州委員長、コロナ対策など施政方針演説(09/17)

英韓2社、65都市に空飛ぶタクシーのハブ(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン