• 印刷する

英、新汚職防止法を初適用 ロシアや南アの計22人対処

英政府は26日、このほど成立した「2021年グローバル汚職防止制裁規則」に基づき、ロシア国籍者14人や南アフリカのインド系財閥グプタ家の3人を含む計22人に制裁を科すと発表した。これらの人物は、英国への入国が禁止されるほか、英国内の資産が凍結される。英政府が国外での汚職事件を巡り個人に制裁を科すのは、今回が初めて。

制裁の対象となるのは、◇獄中死したロシアの弁護士セルゲイ・マグニツキー氏が告発していた総額2億3,000万ドルの公金横領に関与したロシア国籍者14人◇南アで重大な腐敗に関与したグプタ家の実業家3兄弟とこれらの腐敗に関与した南アフリカ国籍の実業家1人◇南スーダンで国家資産を着服したスーダン国籍の実業家1人◇ホンジュラスとニカラグア、グアテマラで重大な腐敗に関与した個人3人――の計22人。

「21年グローバル汚職防止制裁規則」は、昨年に成立した「20年グローバル人権制裁規則」と同じく、18年制裁・資金洗浄防止法の関連法。いずれも、英国の欧州連合(EU)離脱に伴い、EUの制裁枠組みを脱したことを受け成立した。

ラーブ外相は「汚職は法の支配や公共機関への信頼を著しくむしばむとともに、貧困国の開発遅延や資産流出を招き、国民を貧困にとどめる」と指摘。今後さらに制裁対象を拡大する方針を示した。


関連国・地域: 英国ロシアアフリカ中南米
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英、グリーン投資サミット開催 排出量ゼロ化へ計97億ポンド確保(10/20)

英政府、EV補助含む排出ゼロ戦略を発表(10/20)

英政府、家庭暖房の低炭素化に4.5億ポンド(10/20)

デルタ株の進化系、感染力はデルタ以上か(10/20)

英当局、ヒースロー使用料引き上げ案を提示(10/20)

クラーナ、英国で即時の全額決済を追加(10/20)

ウェールズ、独立検討の憲法委員会を新設(10/20)

ITのソフトライン、英露上場の仮条件設定(10/19)

英でEV部品生産に投資 フォード、販売目標達成に前進(10/19)

バルネバ、治験でアストラ製に優位性示す(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン