• 印刷する

パブが3カ月ぶりに営業再開 イングランド、都市封鎖を緩和

イングランドで12日、新型コロナウイルス対策として導入されているロックダウン(都市封鎖)の一部が緩和され、生活必需品以外を扱う小売店や飲食店の屋外席、理美容室、ジムなどの営業が再開された。日付が変わると同時にパブでビールを飲み始める人や、早めに開店した美容室で髪を切る人、洋服を買いに店先に並ぶ人など、3カ月ぶりの営業再開で街はにぎわっている。

パブの屋外席でお酒を楽しむ人々(EMB撮影)

パブの屋外席でお酒を楽しむ人々(EMB撮影)

動物園や遊園地など屋外の娯楽施設も営業再開が許可されたほか、図書館やコミュニティーセンターも開館できるようになった。

ジョンソン首相は、規制緩和は「自由へのロードマップの大きな一歩」であると喜びを示しつつ、各自が責任を持って行動するよう呼び掛けた。

次の規制緩和は5月17日以降に予定されている。屋外では30人を上限に集まれるようになるほか、屋内でも最大6人・2世帯を上限に交流できるようになる。飲食店の屋内席や、映画館、劇場、ホテル・民宿などの営業も認められる。スポーツ競技場も定員を制限した上で再開できる。

また英政府は、5月17日に不要不急の海外渡航を解禁できるかについて、5月上旬までに判断を示すとしている。解禁後も帰国者への新型コロナウイルスの感染検査義務は継続される見通し。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ロンドン証取、パリ追い抜く 再び欧州最大に=仏政局混乱受け(06/19)

英再生エネ会社、ルーマニアで大口融資獲得(06/19)

NATO基金、欧州の先端技術企業に初投資(06/19)

労働党の対EU貿易政策、効果は「最小限」(06/19)

ロンドンの労働生産性が低下=在宅勤務影響(06/19)

英の対イスラエル武器輸出許可額、95%減少(06/19)

英国の再生エネ輸出に影響 EU国境炭素税、利益5%減も(06/18)

製造業、EUとの貿易関係の再構築望む(06/18)

リフォームUK、総選挙公約発表=移民抑制(06/18)

資産管理サイドキック、850万ポンド調達(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン