• 印刷する

独財政収支、13年以来の赤字 新型コロナ対策で歳出大幅増加

ドイツ連邦統計庁は7日、昨年の公的部門の財政収支が1,892億ユーロの赤字になったと発表した。赤字は2013年以降で初めてで、赤字幅は1990年の東西ドイツ統合以降で最大となった。新型コロナウイルス対策で歳出が大きく増えた一方、歳入が落ち込んだため。

歳入は前年同期比3.5%減の1兆4,894億ユーロ。歳出は12.1%増えて、1兆6,786億ユーロだった。歳出のうち、約178億ユーロは新型コロナウイルス対策のため連邦政府から各州に支払われ、約130憶ユーロが健康保険基金への拠出に使われた。

財政収支の内訳は、連邦政府が1,299億ユーロの赤字。州政府も335億ユーロの赤字となったが、地方自治体は20億ユーロの黒字を計上した。社会保障基金は279億ユーロの赤字だった。2019年の財政収支は、全体で452億ユーロの黒字となっていた。

ショルツ財務相は先に、新型コロナウイルスの影響による景気低迷から脱却するため必要なことは「何でも取り組む」と述べており、今後も歳出拡大が続く見通し。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独、移民規制の緩和で基本合意(12/02)

ボッシュの自動駐車ソフト、独で承認(12/02)

横浜ゴム、独で情報セキュリティー認証取得(12/02)

小売売上高、10月は2.8%減少(12/02)

メルセデス、越で3ブランド大幅値上げ(12/02)

Bグリム、タイで熱電併給発電所を稼働(12/02)

独、送電テネット出資巡りオランダと協議(12/01)

独製造業界、原材料不足が緩和=Ifo(12/01)

VW、台湾フォックスコンに製造委託も(12/01)

インフレ率、11月は10%に減速=速報値(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン