• 印刷する

ナワリヌイ氏、健康状態悪化で手足まひも

ロシアで収監中の反体制派ナワリヌイ氏(44)の体調が悪化し、手足の感覚がまひし始めている。同氏は脊椎ヘルニアを患っており、背中と足の激しい痛みを和らげるための適切な治療を求め、3月末からハンガーストライキに入っている。弁護士の話を元に、BBC電子版が8日伝えた。

7日にナワリヌイ氏と面会した弁護士は、「同氏は自分で歩けるものの、歩くと痛みを感じるという。手足がまひし始めており、症状が悪化していることは確かだ」とツイッターに投稿した。

ナワリヌイ氏はヘルニアの適切な治療を受けられていないとして、ハンストを決行。刑務所側は、必要な医療的援助はすべて提供していると主張している。ナワリヌイ氏によると、看守はハンストを妨害しようと、近くで鶏肉を焼いたり、同氏の服のポケットにお菓子を入れるなどしたという。

ナワリヌイ氏は数日前に、せきや高熱などの症状を訴え、刑務所の療養棟に移された。同氏の弁護士によると、療養棟には医師ではない医療スタッフが1人いるだけだという。

同氏は2月、過去に詐欺罪で受けた有罪判決の執行猶予が取り消され、懲役3年6月の実刑判決を受けた。実際の服役期間は自宅軟禁されていた期間を差し引いた2年半。


関連国・地域: ロシア
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

サンマリノ、観光客に露製ワクチン販売へ(05/14)

ロシア新車販売、4月は4倍弱に拡大(05/14)

中国・滴滴出行、露でサービス拡大=35都市(05/14)

ロシア製ワクチン、比に1.5万回分が到着(05/14)

露南西部カザンの学校銃撃、容疑者に殺人罪(05/14)

下院、オランダとの租税条約の破棄を承認(05/13)

露大統領、領空開放条約からの離脱法案提出(05/12)

露南西部カザンの学校で銃撃、8人死亡(05/12)

ロシア、単回投与ワクチンを承認(05/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン