スエズ座礁船、離礁は「困難」=貿易に影響

エジプトのスエズ運河で先に台湾の長栄海運が運航する大型コンテナ船が座礁した事故を巡り、船を所有する正栄汽船(愛媛県今治市)は25日、離礁が「困難を極めている状況」だと発表した。26日には会見を開き、27日夜までに離礁を目指す方針を示した。現場周辺では、多くの石油タン…

関連国・地域: EUアジア中東
関連業種: 運輸社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

バッテリー技術の進歩追うEU新規制 <連載コラム・環境フォーカス>第53回(04/09)

コンチネンタル、旧合弁事業買収で承認獲得(04/09)

伊・西、英製ワクチン投与を60歳以上に制限(04/09)

EU各国、英国製ワクチン対応で合意至らず(04/09)

ユーロ圏生産者物価、2月は1.5%上昇(04/09)

【欧州における日本企業の動向】3月1~31日(04/09)

【EU規制ウオッチング】3月1~31日(04/09)

【欧州環境トピックス】3月1~31日(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン