• 印刷する

独、来月18日まで封鎖延長 イースター休暇中は規制厳格化

ドイツのメルケル首相と連邦16州の首相は23日、新型コロナウイルス感染の第3波を封じ込めるため、現行の全国的な封鎖措置を4月18日まで延長することで合意したと発表した。これにより、美術館やジムなどの施設は引き続き閉鎖となる。特に4月1~5日のイースター休暇中は外出自粛が強く奨励されるほか、スーパーを含むほぼ全ての店舗が閉鎖される。

政府は今回、イースター休暇中は、大半の店舗営業を停止する。一方、スーパーなど食料品を販売する店舗のみ4月3日の営業を許可している。

同期間中の集会可能人数は、14歳未満を除く最大2世帯もしくは最大5人に制限。礼拝行事についても、教会側にオンラインでの開催を要請した。

また、国外旅行の自粛も勧告したほか、渡航者は帰国便の搭乗前に感染検査を受ける必要がある。

メルケル首相は「われわれは新たなパンデミック(世界的流行)に入っている」と警告。感染が拡大している変異株が「これまでの努力を台無しにした」と懸念を示した。

ドイツは先に、感染者数に応じた段階的な規制緩和を開始。直近1週間の人口10万人当たりの感染者数が50人を下回る地域では、一部小売店や美術館などの営業再開も許可された。一方、政府は3日連続で同感染者数が100人を超えた場合は「緊急ブレーキ措置」として、緩和前の規制を再導入する方針を示していた。

国立ロベルト・コッホ研究所によると、ドイツの22日時点での同感染者数は107人で、集中治療室(ICU)の病床ひっ迫につながるとされる水準の100人を超えている。

メルケル首相と州政府首相は、4月12日にその後の規制方針について協議する予定だ。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ワクチン未接種者の規制強化 独、全土で「2G」ルール適用(12/03)

ICU患者数、クリスマスまでに過去最多も(12/03)

ドイツの次期外相、対中強硬姿勢示す(12/03)

独地熱発電所で100万台分のリチウム産出へ(12/03)

PwC独拠点、脱税容疑で当局が家宅捜査(12/03)

ボロコプター、サウジ新経済特区と提携(12/03)

欧州委員長、ワクチン義務化の議論促す(12/03)

機械受注高、10月は19%増加(12/03)

BMW、印で半年以内にEV3車種を投入(12/03)

コロナ死者数、2月以降で最多 保健当局が新変異株に警戒強める(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン