ユーロ圏経済、3.8%拡大へ 変異株出現など受け下方修正

欧州委員会は11日発表した冬季経済見通しの中で、今年のユーロ圏の実質域内総生産(GDP)が前年比3.8%拡大するとの見通しを示した。前回11月の秋季見通しでは4.2%と予測していたが、新型コロナウイルスの再拡大や変異株の出現により各国が再び厳しい封じ込め策を導入している…

関連国・地域: ドイツフランスEUイタリアスペイン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

英企業、最大の悩みは税関書類 ブレグジット後の貿易で=統計局(03/01)

【今週の主な予定】3月1~5日(03/01)

夏までにワクチン証明導入も EU、共通基準やシステム提案へ(03/01)

欧州清涼飲料業界、ボトルを完全再生化へ(03/01)

日本車の対欧輸出、トヨタとマツダが好調(03/01)

ドコモヨーロッパ、17日にウェビナー開催(03/01)

ワクチンパスポート導入を協議 EU首脳会議、南北で温度差(02/26)

世界の排出量削減に挑むEU新通商戦略 <連載コラム・環境フォーカス>第52回(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン