• 印刷する

CDU新党首にラシェット氏 メルケル路線踏襲、次期首相優位か

ドイツのメルケル首相が所属する中道右派の与党・キリスト教民主同盟(CDU)は、16日に党首選を行い、西部ノルトライン・ウェストファーレン州のラシェット首相(59)を選出した。ラシェット氏はメルケル氏に近い中道派。メルケル氏は9月の総選挙に出馬せず引退する方針を表明しているため、ラシェット氏が次期首相争いで優位に立った。

与党CDUの新党首に決まったラシェット氏 (CDU提供)

与党CDUの新党首に決まったラシェット氏 (CDU提供)

党首選には他にも、中道のメルケル路線からの脱却を掲げていたメルツ元院内総務(65)と、党の近代化を掲げるレットゲン元環境相(55)が出馬。

各地方の党員1,001人による1度目の投票では、メルツ氏がラシェット氏をわずかにリード。その後の決戦投票で、メルツ氏が466票を得票したのに対し、ラシェット氏は521票を獲得し勝利した。

ラシェット氏は勝利演説で「CDUが次の地方選挙で支持を獲得し、政権を維持するためには何でもする」と述べた。

ラシェット氏は、メルケル首相の中道路線を強く支持。シュパーン保健相やカーリチェク教育・研究相ら党の重鎮も、ラシェット氏の支持を表明していた。

一方、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)への対応で批判を浴び、支持が揺らいでいたほか、メルケル氏に近いことから、党の方針を示す上で独自色に欠けるとの批判もあった。

ラシェット氏は次期首相候補として最有力の立場となったものの、新型コロナ対策で存在感を示し、副党首の一人となったシュパーン氏や、CDUの姉妹政党であるキリスト教社会同盟(CSU)党首で南部バイエルン州首相のゼーダー氏らも注目を集めており、紆余(うよ)曲折が予想される。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

EVテスラ独工場、拡張承認 地元議会=環境活動家は訴訟計画(05/20)

重電ABB、シーメンスの中国配線事業買収(05/20)

送電テネット、独事業の代替売却先検討(05/20)

独、今年の税収予想を482億ユーロ引き下げ(05/20)

グリーン水素投資、炭素中立の妨げにも(05/20)

ダイムラーとボルボ、トラック用ソフト合弁(05/20)

人工衛星BST、ベルリンに工場建設(05/20)

シーメンス、台湾社とスマート製造で提携(05/20)

G7、露資産によるウクライナ支援で合意へ(05/20)

ポルシェEV、タイで新型モデルの予約開始(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン