• 印刷する

独政府、来年1月まで封鎖延長 目標の感染者数は「非常に遠い」

ドイツのメルケル首相は2日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための全国的な制限措置を来年1月10日まで延長すると発表した。延長はこれで2度目。政府は同月4日に感染状況を再評価し、その後の方針を決めるとしている。

メルケル首相は、この日に過去24時間の感染死者数が最多の487人を記録したことを念頭に、政府が目標とする感染者数への減少には「非常に遠い」と指摘。ワクチンについては、バイオ医薬品会社ビオンテックと米国の製薬大手ファイザーが共同開発したワクチン、米同業モデルナのワクチンの両方が承認された場合、来年初めにも国内で約7,000万回分の接種が可能になると説明した。一方、全人口約8,000万人が接種するには不十分で「冬を乗り切る必要がある」と強調している。

なお、規制内容は現行の措置から変わっておらず、飲食店や劇場・映画館、スポーツ施設の営業は引き続き禁止となる。また、12月23日~来年1月1日のクリスマス休暇期間については、集会可能人数が子供を除く最大10人に緩和される。

メルケル首相と連邦16州の首相は先に、今回の封鎖措置を少なくとも12月20日まで延長することで合意。その際、来年1月上旬まで延長する可能性も高いとしていた。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

オンライン食品販売Oda、2.2億ユーロを調達(04/09)

チェコ保健相、コロナ以降で3度目の交代(04/09)

独財政収支、13年以来の赤字 新型コロナ対策で歳出大幅増加(04/09)

ドイツ、短期ロックダウン導入の可能性も(04/09)

コンチネンタル、旧合弁事業買収で承認獲得(04/09)

伊・西、英製ワクチン投与を60歳以上に制限(04/09)

製造業受注、2月は1.2%増加=内需好調(04/09)

EU各国、英国製ワクチン対応で合意至らず(04/09)

ドイツ機械受注高、2月は12%増加(04/09)

垂直離着陸機リリウム、サウジ研究所が出資(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン