露政府、外国エージェントへの締め付け強化

ロシア政府は、外国から資金を受けて政治活動に関与する国民や団体が自らを「外国エージェント」と明示することを義務付ける改正案をロシア国家会議(下院)に提出した。他にもソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を対象にした法案などもあり、市民社会や反体制派政…

関連国・地域: ロシア米国
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

露、フィンランドなど4カ国の入国制限解除(01/27)

「ホンダジェット」、露で型式証明を取得(01/27)

ノルドストリーム2、敷設船が作業を再開(01/26)

ナワリヌイ氏釈放求めるデモ、3千人が逮捕(01/26)

露製ワクチン、UAEで緊急使用許可(01/25)

欧州議会、ノルドストリーム2敷設中止要請(01/25)

欧州首脳、米大統領就任祝う 「米・EU関係の再活性化を」(01/22)

露製ワクチン、欧州当局などに承認申請(01/22)

ロシアの対日輸出高、昨年は26.6%減少(01/22)

独政府、ノルドストリーム2完成方針を維持(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン