• 印刷する

英、冷戦後で最大の防衛投資 国防予算4年で165億ポンド拡大

ジョンソン英首相は19日、国防予算を向こう4年で165億ポンド拡大し、冷戦終結後で最大の防衛投資を行うと発表した。防衛環境の変化を背景に、人工知能(AI)やサイバーセキュリティー、宇宙などの分野で最新技術に投資し、軍備の次世代化を図る。

同首相は併せて、AI専門の新機関および国家サイバー軍を創設すると発表した。また、新たに宇宙司令部を設置し、2022年に初のロケットを打ち上げる計画。軍事技術の研究開発(R&D)予算は最低15億ポンド拡大し、計58億ポンドとする。また、「将来の戦闘航空システム(FCAS)」への投資も増やすとしている。

国防省の今年度の予算は年415億ポンドで、向こう4年は毎年、インフレ率に0.5ポイントを加えた比率で増額されることになっている。165億ポンドの上乗せにより、国防予算は向こう4年で約40%拡大することになる。

ジョンソン首相は「国際情勢は冷戦以降でもっとも危険な状況にあり、競争も激化している」と指摘。「退却の時期を脱し、軍備の一新と国際的影響力の拡大、国家の団結とレベルアップ、新技術の開発、国民とその生活様式の防衛に取り組むチャンスとなる」と話している。


関連国・地域: 英国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ユニリーバ、管理職20%削減 事業を5部門に再編=構造改革(01/26)

政府保証融資の不正で担当閣僚が抗議の辞任(01/26)

英、入国規制緩和の発表で旅行予約が急増(01/26)

英首相官邸、規制下で首相の誕生日会か(01/26)

財政赤字、12月は大幅縮小(01/26)

南ア資源シバンイェ、英社から鉱山取得中止(01/26)

HSBC、香港で出社制限を強化(01/26)

米英、ウクライナから大使館職員家族ら退避(01/25)

英、接種者の入国後検査撤廃 未接種者も規制緩和=2月11日から(01/25)

セルビア、リオ・ティントの鉱床開発を中止(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン