• 印刷する

ジョンソン首相、感染者と接触で自主隔離

ジョンソン首相は16日、新型コロナウイルス感染者と接触したため、14日間にわたり自主隔離すると明らかにした。症状はなく体調は良好で、隔離中も公務は続けるとしている。同首相は、最側近である上級顧問のドミニク・カミングス氏が13日に急きょ、首相官邸を去ったことを受け、組織の立て直しと新政策の発表準備に着手したばかりだった。

BBC電子版によると、同首相は12日に与党・保守党のリー・アンダーソン下院議員と約35分にわたり会談。同議員はその後に新型コロナウイルス感染症の症状が出たため検査を受け、陽性反応が出た。この結果、国民医療制度(NHS)の接触追跡システムを通じ、同首相およびこの会談に同席した他の5人の議員が自主隔離を求められたという。

ジョンソン首相は、同議員との会談では社会的距離を保っていたとしている。また、同首相は4月に同感染症で入院しており、専門家の間では再感染の確立は低いとみられているものの、一度、感染した人がどの程度の免疫を獲得するかは医学的にまだ明らかにされていない。このため、同首相もルール上は隔離を求められる。

同首相周辺では、年内に辞任するとされていたカミングス上級顧問が首相官邸内での権力闘争を受け、13日に官邸を後にした。同氏は、年内は自宅から新型コロナウイルスの大規模検査などのプロジェクトを手掛けるものの、首相官邸は体制立て直しを求められている。保守党の一部議員からは、これをジョンソン政権の再出発の機会とするよう求める声もある。また、政府は近く一連の新たな重要政策を発表する予定。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品政治

その他記事

すべての文頭を開く

富士フイルム、工場規模倍増 バイオ医薬品拠点で英最大規模に(12/03)

GSKのコロナ治療薬、変異株にも有効(12/03)

英国製ワクチン、血栓症の原因解明=論文(12/03)

英米間の鉄鋼関税交渉、北ア問題巡り膠着か(12/03)

ヒースロー、赤リスト国向けターミナル開設(12/03)

スコットランド独立支持派、55%に拡大(12/03)

英首相、昨冬の官邸パーティーに出席か(12/03)

英当局、米メタにジフィー売却を指示(12/02)

エルステッド、アマゾンに再生エネ追加供給(12/02)

モリソン、養鶏飼料の大豆を昆虫に切り替え(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン