ロシアとイラン、米大統領選に介入も

ラトクリフ米情報長官は21日、11月3日の大統領選挙にロシアとイランが介入しているとの見解を示した。両国は米国の有権者登録情報を入手しており、有権者に影響を及ぼすことでトランプ米大統領に打撃を与えようとしていると非難した。緊急記者会見の内容を元に、ブルームバーグな…

関連国・地域: ロシア米国中東
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

露大統領、領空開放条約からの離脱法案提出(05/12)

露南西部カザンの学校で銃撃、8人死亡(05/12)

ロシア、単回投与ワクチンを承認(05/10)

緑の党の首相候補、積極的な外交政策を提唱(05/10)

ロシア、欧州議長ら高官8人の入国禁止(05/04)

露ワクチン、フィリピンに1回目の供給(05/04)

欧米製ワクチンの偽情報拡散 露中、不信感あおるワクチン外交(04/30)

ヤンデックス、国内中堅行を買収(04/30)

露ワクチン、インド到着は5月1日か(04/30)

OPECプラス、5月からの減産緩和を確認(04/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン