ゾネン、バイエルン州工場の生産能力拡大へ

ドイツの家庭用蓄電池大手ゾネン(sonnen)は、南部バイエルン州ウィルトポルズリート(Wildpoldsried)にある本社工場の生産能力を拡大するもようだ。今後、再生可能エネルギー関連の補助金廃止により蓄電池の需要が伸びることが予想されるため。投資額は数千万ユーロになる見通し…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

バッテンフォール、風力トップが独鉄鋼社へ(10/20)

独農相、消費者に買いだめ自粛を要請(10/20)

商用車トラトン、米ナビスター買収で合意(10/20)

アウディ、タイでEVの新モデル発売(10/20)

ベンツ台湾、新車投入で販売1万台目指す(10/20)

BMW、オランダのVDL工場で生産停止へ(10/19)

メルセデス、空港で自動駐車の実証実験(10/19)

米テスラ、独ギガファクトリーで水供給停止(10/19)

鉄鋼リバティ、独ティッセンに買収提案(10/19)

メルセデス、エジプトで組み立て再開か(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン