独政府、野生イノシシの豚熱感染を確認

ドイツの食料・農業省は10日、国内で家畜伝染病「アフリカ豚熱(ASF)」の感染が初めて確認されたと発表した。ポーランド国境のある東部ブランデンブルク州で発見された野生イノシシの死骸を検査した結果、陽性判定が出た。 クレックナー食料・農業相は記者会見で「パニックに…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

独政府、来年1月まで封鎖延長 目標の感染者数は「非常に遠い」(12/04)

新車登録台数、11月は3%減少(12/04)

TUI、18億ユーロの支援パッケージで合意(12/04)

DHL、途上国へのワクチン低温輸送に自信(12/04)

11月は45.3に大幅下落 ユーロ圏総合PMI確定値(12/04)

ドイツ鉄道、クリスマス期間の運行本数倍増(12/04)

VW、部品メーカーが反競争的行為巡り提訴(12/03)

独コンチネンタル、ハンガリーに大型投資へ(12/03)

英、米独社のワクチンを承認 近く国民への接種開始も(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン