• 印刷する

インフレ率、8月はゼロ%

ドイツ連邦統計庁は8月31日、8月の消費者物価指数(CPI、速報値)が前年同月から横ばいだったと発表した。7月の0.1%低下に続き、VAT(付加価値税)税率の一時的な引き下げや、エネルギー価格下落の影響を受けた。

光熱費や自動車燃料を含むエネルギーは大きく6.3%値下がりした。半面、サービス業は1%、食品は0.7%それぞれ上昇している。

CPIは前月比では0.1%低下。欧州連合(EU)基準で見ると、年率でマイナス0.1%、前月比ではマイナス0.2%だった。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独成長率、大幅減速も 供給遅延と需要減退=連銀月報(10/26)

トルコ、米国など大使10人を国外追放へ(10/26)

独、感染率が5月以降で最高に(10/26)

メルケル首相、SPD新政権への支持表明(10/26)

BMW、ミュンヘン工場でエンジン生産中止(10/26)

Ifo企業景況感、10月も悪化(10/26)

コンチネンタル、通期見通しを下方修正(10/26)

メルセデス、マレーシアに部品供給ハブ設置(10/26)

独警察、武装した極右自警団を取り締まり(10/26)

独、サイバー犯罪の脅威が過去最高水準に(10/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン