• 印刷する

英国、新型コロナの打撃がG7で最大

経済協力開発機構(OECD)は26日、加盟37カ国の今年第2四半期(4~6月)の実質国内総生産(GDP)が前期比9.8%縮小したと発表した。新型コロナウイルスの感染封じ込め策により経済活動が大きく抑制されたため。また主要7カ国(G7)では、英国が最も大きな打撃を受けたことが分かった。

G7を国別に見ると、英国は前期比20.4%減少と大きく後退。フランスが13.8%減でこれに続いた。また、イタリアも12.4%縮小したほか、カナダ(12%減)、ドイツ(9.7%減)、米国(9.5%減)、日本(7.8%減)も軒並み前期を大きく下回った。

OECD加盟国の実質GDPは、金融危機に見舞われた2009年第1四半期に2.3%減と過去最大の落ち込みを記録していたが、今回はこれを大きく更新した。前年同期比で見ると、第2四半期は10.9%縮小し、第1四半期の0.9%減から落ち込みが大きく加速した格好だ。

欧州連合(EU)加盟27カ国の実質GDPは前期比11.7%縮小。ユーロ圏に限ると12.1%落ち込み、いずれも2四半期連続のマイナス成長となった。

OECDは6月、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)は過去100年近くで最も深刻なリセッション(景気後退)を引き起こしたと指摘。世界経済の今年の成長率は、感染の第2波が年内に訪れればマイナス7.6%、これを回避できてもマイナス6%と予想している。


関連国・地域: 英国ドイツフランスEUイタリアアジア米国カナダ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英政府、2021年度予算案発表 新型コロナ関連の対策手厚く(03/04)

スタージョン首相、サモンド氏問題で窮地(03/04)

英入国者、隔離時の検査キット届かず(03/04)

衣料品販売ボガクローゼット、中東社が買収(03/04)

ボーダフォンNZ、200人解雇へ=事業再編(03/04)

イーベイとアデビンタ、英国の3事業売却(03/04)

ドラギ首相、コロナ担当委を交代=対策加速(03/03)

金融機関の英拠点移管先、ダブリンが首位(03/03)

機械設備スピーディー、UAE社に資産売却(03/03)

仏、アストラ製ワクチン接種の対象年齢拡大(03/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン