年後半の景気回復、楽観視できず <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第22回

新型コロナウイルスの感染拡大とその後の封鎖措置の影響により、2020年第2四半期(4~6月)のユーロ圏実質域内総生産(GDP)成長率は前期比マイナス12.1%と、ユーロ圏発足後最大のマイナス成長となった。第3四半期は反動増が予想されるが、感染再拡大のリスクが残る中で景…

関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

EUや英国など、ベラルーシ当局者に制裁(06/23)

フランスなどでナイトクラブ再開の動き進む(06/23)

欧州当局、公共の場でのAI顔認識禁止要求(06/23)

エシロールルクソティカ、買収計画を見直し(06/23)

仏石油トタル、ステランティスと提携延長(06/23)

豊田自動織機、欧州産業車両事業を再エネ化(06/23)

タイ観光、欧米から7月予約が7千人弱に(06/23)

EU革新性ランキング、首位はスウェーデン(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン