• 印刷する

独GDP、過去最悪の9.7%減 改定値で上方修正=第2四半期

ドイツ連邦統計庁は25日、2020年第2四半期(4~6月)の国内総生産(GDP、季節要因・稼働日数調整済みの改定値)成長率が前期比でマイナス9.7%だったと発表した。速報値から0.4ポイント上方修正されたものの、下げ幅は四半期ベースの統計を開始した1970年以降で最大。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)により、特に企業による投資と輸出が大きく落ち込んだ。

項目別に見ると、 家計最終消費支出は10.9%減と、前期の2.5%から落ち込みが加速。政府最終消費支出は1.5%増となり、0.9ポイント上昇した。投資を示す総固定資本形成はマイナス7.9%で、設備投資が大きく19.6%縮小し、建設投資も4.2%減っている。

輸出は20.3%減少し、第1四半期のマイナス3.3%から落ち込みが加速。輸入は前期の1.9%減から下落幅が拡大して16%減に沈んだ。輸出から輸入を差し引いた純輸出はGDPを2.8ポイント押し下げた。

中銀のドイツ連邦銀行は先に、新型コロナウイルスの影響で急激に悪化したドイツ経済は、第3四半期にかけて急速かつ広範に回復するとの見通しを明らかにした。ただ、ワクチンが開発されるまでは完全な回復は難しいとの見方も示している。同行はかねて、今年のドイツのGDPが7.1%縮小すると予測している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独経済、今年も改善見込めず 労働力不足など課題=商工会議所(05/24)

AI翻訳ディープエル、3億ドル調達(05/24)

EU、露産ガスから完全脱却可能=独研究所(05/24)

英シェル、独ケルンの複合石化施設を改修か(05/24)

医薬品容器ゲレスハイマー、伊同業を買収(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

DHL、中国初のNEV専用拠点を上海開設(05/24)

強制送還、第1四半期は34%増加=ドイツ(05/24)

暗号資産の投資商品、LSEで初上場へ(05/24)

インフレ、再加速の可能性 賃金上昇が予想上回る=連銀月報(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン