• 印刷する

GDP、第2四半期は10%減 過去最大の下落率=速報値

ドイツ連邦統計庁は30日、2020年第2四半期(4~6月)の国内総生産(GDP、季節要因・稼働日数調整済みの速報値)が前期比10.1%縮小したと発表した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)のあおりを受け、四半期ベースでは1970年の統計開始以降で最大の落ち込みを記録。2四半期連続でのマイナス成長となり、リセッション(景気後退)入りしている。

項目別に見ると、輸出入や家計最終消費支出に加え、投資を示す総固定資本形成における機械・機器がいずれもこれまでで最も低迷した。一方、政府最終消費支出は増加している。

GDPは前年同期比では11.7%縮小した。

連邦統計庁は今回、19年第4四半期の経済成長率をゼロ%に改定。20年第1四半期のGDP成長率はマイナス2%に上方修正している。

ドイツの第2四半期GDPの改定値は8月25日に発表される予定。連邦統計庁は、パンデミックによる不透明感の高まりを受け、改定値が通常より大きく修正される可能性があるとしている。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ドイツ、建物の換気改善に5億ユーロ補助(10/21)

ビオンテック、日本でワクチン試験開始(10/21)

生産者物価、9月は1%低下(10/21)

EU、追跡アプリの連携開始=独など3カ国(10/21)

シーメンス、エジプトで風力発電所を新設か(10/21)

ポルシェ台湾販売台数、1~9月は20%増加(10/21)

VW中国販売台数、1~9月は10%減少(10/21)

独高齢男性、距離確保に催涙スプレー使用(10/21)

独農相、消費者に買いだめ自粛を要請(10/20)

バッテンフォール、風力トップが独鉄鋼社へ(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン