• 印刷する

若者の雇用創出に20億ポンド 英政府、VAT減税や外食支援も

スナク財務相は8日、若年層の雇用創出に向けた総額20億ポンドの新制度「キックスタート・スキーム」を公表した。政府が半年にわたり法定最低賃金を負担することにより、企業に新規雇用を促す内容。新型コロナウイルス危機を受けた雇用保護計画の一環で、ほかにもホスピタリティー産業向けの一時的なVAT(付加価値税)減税や、外食支援措置などを打ち出している。

「キックスタート・スキーム」は、福祉手当の給付を受けている16~24歳の若年層が対象。こうした層を週25時間以上雇用する企業には、向こう6カ月間の最低賃金と管理費を政府が肩代わりする。同相は加えて、研修生を引き受ける企業に1人当たり1,000ポンドの報奨金を支払い、3万人の新規研修生ポストの確保を目指す。

これらの措置の背景には、若年層は就労経験に乏しい上、打撃の大きいホスピタリティー産業の就労者に占める比率が高いため、新型コロナ危機を引き金に長期的失業に陥る危険性が高いことがある。

同相はこのほか、一時帰休中の従業員の賃金を補助する「コロナウイルス雇用維持制度」が10月に終了した後、3カ月にわたり雇用を維持した企業を対象に、従業員1人当たり1,000ポンドの報奨金を支払う方針も示した。

大量の雇用喪失が懸念されているホスピタリティー産業の支援に向けては、7月15日から来年1月12日まで、VATの税率を20%から5%に引き下げる。飲食店や宿泊施設、レジャー施設などが対象で、15万件の事業が恩恵を受ける見通し。減税規模は総額40億ポンドを見込む。

加えて、8月の毎週月~水曜は1人当たり10ポンドを上限に、外食料金の半額を政府が負担する。ただし、登録した飲食店での食事に限られ、アルコール飲料は対象外となる。この措置の予算は5億ポンド。

スナク財務相はこのほか、不動産市場の刺激に向け、この日付けで購入価格の50万ポンド分まで印紙税を免除すると発表した。期間は来年3月末まで。これにより、住宅購入者の9割は印紙税を免除される見通し。

一連の措置の財源については明らかにされていない。ジョンソン政権は新型コロナ危機による急激な景気悪化が予想される中、与党・保守党の本来の方針に反し財政出動による大規模な支援策を次々と打ち出している。ただ、野党各党からは、今回の措置では賃金補償終了後の大量失業者発生は防げないとの声も上がっている。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: サービス観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

日英、経済連携協定を締結 来年1月に発効の見通し(10/26)

仏、英領海の漁業権で譲歩も 関係者に割り当て縮小を警告(10/26)

金融バークレイズ、第3四半期は黒字復帰(10/26)

小売売上高、9月は1.5%増加(10/26)

金融カルロック、インドの航空会社買収へ(10/26)

資源BHP、19億ドル分の負債解消(10/26)

EU、独議会へのサイバー攻撃でロシアに制裁(10/26)

独、英への渡航自粛を要請=入国者は隔離(10/23)

英、雇用支援策を再修正 対象地域と支援内容を拡大(10/23)

英・EU、対面交渉を再開 最終案作成に向け25日まで集中協議(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン