OPEC、需要減見通しも下半期は回復予想

石油輸出国機構(OPEC)は17日に公表した月報で、2020年の世界の原油需要が日量9,059万バレルとなり、前年から907万バレル(9.1%)減少するとの見通しを維持した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)が経済の勢いや原油需要の伸びに悪影響を及ぼすことが見込まれ…

関連国・地域: EU
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

ブルガリア、国営石油会社設立で法改正(07/14)

【エミッションの世界】自動運転車による排出の実態(07/14)

アルストム、鉄道事業買収に向け工場売却(07/14)

セルビアとコソボ、EU主導の交渉を再開(07/14)

ブルガリアとクロアチア、ユーロ導入へ前進(07/14)

欧州―中国の鉄道輸送、上半期は36%増加(07/14)

【今週の主な予定】7月13~17日(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン