• 印刷する

英GDP、4月は20.4%減=過去最悪

英政府統計局(ONS)は12日、英国の4月の国内総生産(GDP)が前期比20.4%縮小したと発表した。マイナス幅は3月の5.8%から大きく拡大し、1997年の統計開始以来で最大を記録。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)を受けた封鎖措置により、全部門で需要や事業活動が落ち込んだことが響いた。

産業別に見ると、鉱工業は20.3%減少。下げ幅は68年に統計が始まってから最も大きい。サービス業は19%、建設業は40.1%それぞれ減り、いずれも過去最悪となっている。

3カ月ベースで見ると、2~4月のGDPは前の3カ月と比べて10.4%縮小した。

ONSは、4月は未曾有の落ち込み幅を記録し、前月から3倍超に拡大したと指摘。社会的距離の導入や封鎖措置により、消費者の需要は減退し、事業活動や工場の稼働が停止に追い込まれた上、サプライチェーンの混乱も引き起こされたと説明した。経済規模は、2月からおよそ25%縮小したとしている。

英経済は第1四半期(1~3月)に2%縮小。第2四半期もマイナス成長となると予想されており、英中銀イングランド銀行は、パンデミックにより数世紀で最大のリセッション(景気後退)に入るとの見方を示している。

同国は3月末に封鎖措置を導入。現在は段階的に解除を進めている。6月15日からはほぼ全ての小売店が再開するほか、動物園や庭園、野外シネマなどの営業も解禁される。だが、飲食店やその他の娯楽施設は引き続き閉鎖となる。


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ロンドンタクシーLEVC、ポーランド進出(04/23)

JLR、英2工場を一時停止 半導体不足で部品供給に遅れ(04/23)

予防接種委員、今夏の感染急増に警鐘(04/23)

破綻の金融グリーンシル、豪親会社が清算(04/23)

英首相、ダイソン創業者に税制変更を約束(04/23)

ソニー、ボーダフォンと5G活用の走行試験(04/23)

生産者物価、3月は1.9%上昇(04/23)

鉄鋼リバティ、印タタが未払い金巡り提訴(04/23)

ヴァージン、クウェートで携帯事業展開へ(04/23)

シェルのマレーシア給油所、グラブペイ導入(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン