英閣僚の過半数、対人距離の規制緩和を支持

英国の閣僚の過半数が、他人との距離を2メートルに保つ「ソーシャルディスタンス(社会的距離)」の規制緩和を支持している――。現行規制が続くと、観光や外食などのホスピタリティー産業の営業が困難となるため。複数の閣僚の話を元に、フィナンシャル・タイムズが9日伝えた。…

関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品サービス観光マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

英当局、送ガス電事業者の利益率半減を提案(07/10)

ライアンエアー、英客室乗務員の減給で合意(07/10)

HSBC、米国の一部事業で4億ドル損失も(07/10)

BP、印再生エネ基金に7千万ドル出資(07/10)

ロンドンでクレーンが民家直撃、1人死亡(07/10)

若者の雇用創出に20億ポンド 英政府、VAT減税や外食支援も(07/09)

ボルボ、英ブロックチェーン会社に投資(07/09)

英HSBC、仏で255人を整理へ(07/09)

エア・リキード、台中市の新工場着工(07/09)

英、北アにEUの検疫施設を設置へ(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン