• 印刷する

英、入国者の自主隔離始まる 居住者含め14日間義務付け

英国で8日から、新型コロナウイルスの封じ込め策として、入国者に対し14日間の自主隔離が義務付けられた。同国の居住者にも適用されるため、旅客便の利用に影響が出るとして航空各社は猛反発。法的手段に訴える構えを見せている。

パテル内相は、国外からのウイルスの流入を防ぐことが、流行の第2波の予防につながるとして、措置の必要性を強調している。

英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)と英格安航空大手イージージェット、アイルランドの格安航空大手ライアンエアーは、これに反対する共同声明を発表。今回の措置の違反者には罰金が科されるのに対し、国内感染者の自主隔離に関しては刑罰を受けないことや、感染リスクの低い国からの入国者も対象としている点などが「バランスが取れておらず不公平」だとして、その正当性を巡り政府を相手取って訴訟を起こす構えだ。

ロンドン・ヒースロー空港のジョン・ホランドケイ最高経営責任者(CEO)は、入国者の隔離により、同空港で2万5,000人を整理する可能性を示唆している。

この措置を巡っては先に、ジョンソン首相は感染リスクの低い国からの入国を許可する「エアー・ブリッジ」制度の導入を検討していると報じられた。政府は導入から3週間後の29日に施策見直しを行うタイミングで、同制度を導入する方向で調整しているとされる。スナク財務相やシャーマ民間企業・エネルギー・産業戦略相、シャップス運輸相も英経済と航空産業への影響を懸念し、隔離措置の早期終了を支持している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

BAE、仕入先を大幅見直し 戦闘機への先端技術導入を促進(07/14)

アズダ、最高裁で賃金格差訴訟の審理開始(07/14)

STC、ボーダフォン・エジプト株取得延期(07/14)

NTTデータ、全英オープンをAIで支援(07/14)

英、入国後の自主隔離を撤廃 観光・航空業界の回復後押し(07/13)

チェコのEPH、英領北アの発電所を刷新(07/13)

イングランド、25日からジムやプール再開(07/13)

仏社、アルミ製EV電池ケースで連合(07/13)

英政府の新道路計画、EV排出削減量を相殺(07/13)

HSBC、ベトナムで再生プラ工場に融資(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン