• 印刷する

英企業救済策、ハードル高く 小規模事業者の承認わずか1%

英政府が用意した小規模企業向けの緊急融資制度「コロナウイルス事業中断ローン制度(CBILS)」。英商工会議所(BCC)の調査で、実際に申請して承認された企業がわずか1%にとどまることが8日、明らかになった。手続きの複雑さなどがハードルになっているとみられる。

同制度は、年間売上高4,500万ポンド以下の事業所に対し、最長1年にわたって無利子で融資するというもの。スナク財務相は、3日時点で約1,000社に総額9,000万ポンドの融資が実行されたと明らかにした。ただ、通常の商業ローンを拒否された企業を対象としていたことに批判の声が根強く、同相は条件を撤廃する意向を示していた。

BCCの調査は1~3日に1,017社を対象に行い、条件撤廃後の実態は反映されていない。調査結果によると、申請した事業所のうち8%は承認を得られなかった。政府の制度を活用できずにいる企業は、手続きの複雑さと対応の遅さを挙げているという。

さらに、企業の16%で現金準備は1カ月分に満たず、6%は既に底を突いた。BCCのアダム・マーシャル事務局長は「最新のデータは多くの企業が4月末に、もしくは第2四半期(4~6月)にかけて崖っぷちシナリオに直面することを示す」と述べ、政府や自治体、金融機関に対して最大限の支援を求めた。


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ロイヤルメール、買収で合意 チェコ富豪が提案=50億ポンド(05/30)

アングロ、豪BHPとの買収協議継続を拒否(05/30)

蓄電池ゼノベ、新たに4.1億ポンド調達(05/30)

金融HSBC、ロシア事業の売却完了(05/30)

英、EUの出入国管理システムに対応準備(05/30)

121社トップ、労働党を支持 総選挙前に保守党政権を批判(05/29)

熟練労働者ビザ、料理人がIT技術者上回る(05/29)

NTT都市開発、ロンドン大型再開発に参画(05/29)

コンサルのERM、東南アジア拠点増強へ(05/29)

保守党、徴兵制復活を公約 18歳国民が対象=総選挙勝利なら(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン