• 印刷する

仏、外出制限をさらに強化=マルシェも閉鎖

新型コロナウイルスの感染拡大対策として全土で外出制限措置が取られているフランスで、24日正午(現地時間)からさらに規制が強化された。例外的に認められていた軽い運動やペットの散歩のための外出、診察や治療を受けるための外出規制が厳格化されるほか、マルシェが閉鎖される。

軽い運動やペットの散歩が目的の外出は引き続き可能だが、条件が厳しくなった。この理由による外出は1日1回まで、最長1時間、自宅から1キロメートルの範囲で行わなければならない。同行が許されるのは、同居している人のみ。外出時に携帯が義務付けられている外出理由書には、自宅を出た時刻を明記しなければならない。

医療上の理由による外出も、延期ができない緊急の診察や透析のように長期的な疾患の治療に限定される。また、マルシェも原則として閉鎖。閉鎖によって住民の食料調達が困難になる地域では、衛生条件が満たされることを条件として、市長の申し出により継続が認められる。加えて、宗教施設は閉鎖されないが、集会は禁止される。なお、例外的に20人以内の参列者による葬儀は認められる。


関連国・地域: フランス
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

エアバスが1.5万人削減へ 新型コロナ打撃、過去最大規模(07/02)

仏新車登録台数、6月は今年初の増加(07/02)

ボルト、パリで電動自転車レンタルを開始(07/02)

独、EU理事会議長国に就任 新型コロナ危機からの復興に注力(07/01)

仏大統領、グリーン経済転換に150億ユーロ(07/01)

フェッセンアイム原発、全原子炉が運転終了(07/01)

与党・共和国前進、統一地方選で惨敗(06/30)

メルケル首相、マクロン仏大統領と会談(06/30)

エアバス、人員整理の詳細を7月中に公表へ(06/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン