炭素中立の法制化で「本気」示したEU <連載コラム・環境フォーカス>第42回

欧州では本稿の執筆時点で、新型コロナウイルスを巡る不穏なニュースが相次いでいるものの、まだ欧州連合(EU)の法律策定活動がペースを落とす気配はない。3月前半には3件の重要政策が矢継ぎ早に発表された。その第1弾となったのが新気候変動法案だ。(ナディア・ウィークス…

関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ベルギー、ECDCが高感染リスク国に指定(09/25)

EU、ルカシェンコ大統領の正当性認めず(09/25)

EU気候中立目標、自動車産業への影響は <連載コラム・自動車産業インサイト>第48回(09/25)

欧州委、移民受け入れの改革案 各加盟国の負担公平化目指す(09/25)

企業の半数、離脱移行期間終了に備えられず(09/25)

EU、欧州横断急行の復活を検討(09/25)

欧州商用車登録台数、8月は18.1%減少(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン