炭素中立の法制化で「本気」示したEU <連載コラム・環境フォーカス>第42回

欧州では本稿の執筆時点で、新型コロナウイルスを巡る不穏なニュースが相次いでいるものの、まだ欧州連合(EU)の法律策定活動がペースを落とす気配はない。3月前半には3件の重要政策が矢継ぎ早に発表された。その第1弾となったのが新気候変動法案だ。(ナディア・ウィークス…

関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ危機対応におけるECBの役割 <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第21回(07/03)

ベルギー、非EU市民の入国を7日まで禁止(07/03)

ユーロ圏失業率、5月は7.4%に悪化(07/03)

ユーロ圏生産者物価、5月は5%低下(07/03)

欧州委、レムデシビル確保に向け米社と協議(07/03)

金融市場の交渉まとまらず EU首席交渉官、英提案を拒否(07/02)

【ウイークリー統計】第66回 ICT人材は各国で不足気味(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン