ウェールズ沖で海草の種まき=気候変動対策

英スウォンジー大学が、気候変動対策としてウェールズ沖に100万個超の海草の種をまき、総面積2万平方メートルにおよぶ海草の藻場を復活させるプロジェクトを進めている。これまでに、英国各地の海岸から集められた75万個の種が、ウェールズ南西部のペンブルックシャー(Pembrokes…

関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

個人事業主の所得80%を支給 英政府「企業従業員と同等に」(03/27)

英中銀、金利を史上最低の0.1%に据え置き(03/27)

英経済、金融危機時よりも深刻な景気後退へ(03/27)

ダイソン、自社設計の人工呼吸器を生産へ(03/27)

小売売上高、2月は0.3%減少(03/27)

英・セネガル社、新型コロナ迅速検査を開発(03/27)

ケンブリッジ大、機械学習で電池寿命を改善(03/27)

英NHSの支援ボランティア、56万人が登録(03/27)

英議会、4週間休会=新型コロナ対策(03/26)

ノースボルト、エピロックに過去最大の納品(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン