• 印刷する

英首相、内閣改造に着手 ジャビド財務相が辞任

ジョンソン首相は13日、内閣改造に着手した。ジャビド財務相は留任を拒否して辞任し、後任にはリシ・スナーク首席財務担当相が抜てきされた。ジャビド氏は、側近の更迭を求められたことに反発したとみられている。ラーブ外相やパテル内相ら主要閣僚は留任する一方、レッドソム民間企業・エネルギー・産業戦略相やビリアーズ環境・食糧・農村相、スミス北アイルランド相らが閣外に去っている。

バックランド司法相や、与党・保守党の重鎮であるゴーブ・ランカスター公領相、リースモグ下院院内総務は留任。欧州連合(EU)離脱に伴い廃止されたEU離脱相を務めていたバークレー氏は、スナーク氏の後任の新首席財務担当相として閣議に出席する。シャップス運輸相とハンコック保健相も留任する。

BBC電子版によると、ジャビド氏はかねて首相側近のドミニク・カミングス氏との不和がうわさされていた。同氏は今回、首相から全側近の更迭を求められたが、「自尊心のある閣僚」なら受け入れられないとして、辞意を表明した。

後任のスナーク新財務相は39歳で、2015年に下院議員に当選。インド系移民を両親に持ち、アジア系議員としては前任のジャビド氏に続き史上2人目の財務相となる。2016年の国民投票ではEU離脱を支持し、早くからジョンソン首相への支持を表明していた。妻はインドのIT(情報技術)大手インフォシスの共同創業者の娘。

ジョンソン首相は11日の閣議で、イングランド北部とロンドンを結ぶ高速鉄道「ハイスピード2(HS2)」の建設計画を進めることを承認。同計画の監督に専念する閣僚ポストを新設する方針を示している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

セルビア政府、資源リオのリチウム事業許可(07/18)

英国王が施政方針演説 40法案発表=AI規制は見送り(07/18)

金融HSBC、新CEOにエレデリーCFO(07/18)

インフレ率、6月は2%で横ばい(07/18)

英、中古EV販売が急増=価格低下受け(07/18)

英競争当局、米マイクロソフトの調査に着手(07/18)

英、ペット向け培養肉の販売承認=欧州初(07/18)

生産者物価、6月は1.4%上昇(07/18)

食品販売オカド、上半期は赤字縮小(07/18)

ユーロ圏経済、0.9%拡大へ=IMF見通し(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン