• 印刷する

プーチン大統領、税務局長を新首相に指名

ロシアのプーチン大統領は15日、この日付けで内閣総辞職を表明したメドベージェフ首相の後任候補として、連邦税務局のミハイル・ミシュスチン長官(53)をロシア国家会議(下院)に提案した。国家会議は16日にこの人事案を巡る採決を行う。

プーチン大統領はこれに先立ち、連邦議会で施政方針演説を行い、大統領や議会の権限を大幅に変更する憲法改正案を提案。これを受け、内閣が総辞職していた。2024年の大統領任期満了を見据え、プーチン氏が権力維持に向けた布石を打ったとみられている。

ミシュスチン氏は2010年4月から連邦税務局を率いる。同氏はモスクワ工作機械大学システム工学部を卒業後、ロシア連邦政府直属国立経済アカデミー(現ロシア大統領付属国立経済行政アカデミー)で経済学博士号を取得。連邦税務局副長官や連邦不動産管理庁長官、連邦特別経済区管理庁長官を歴任したほか、露投資銀行ユナイテッド・ファイナンシャル・グループ(UFG)の会長も務めた。


関連国・地域: ロシア
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

OPECプラス、11月の減産幅を維持(12/06)

コマツ、露撤退は「現時点で考えず」=社長(12/06)

露産原油に価格上限を導入 EUとG7・豪が足並み=露反発(12/06)

伊政府、ルクオイル製油所の運営介入で政令(12/05)

独、露産石油からの脱却でポーランドと協力(12/05)

露原油の上限、60ドルに設定 EU、5日に適用=G7と足並み(12/05)

欧州委、露凍結資産でウクライナ支援を提案(12/02)

伊政府、ルクオイルの製油所の国有化検討(11/30)

露政府、仏ルノー金融子会社の売却を承認(11/30)

露、カザフ・ウズベクと「ガス連合」検討(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン