仏大統領、ゴーン被告拘留で日本に懸念表明

マクロン大統領は15日、昨年末に日本を無断出国し、レバノンに逃れた日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告について、日本での拘留時の状況について安倍首相に懸念を伝えていたことを明らかにした。ゴーン被告は日本の司法制度への批判を展開しているが、同大統領もこれを認めた…

関連国・地域: フランスアジア中東
関連業種: 自動車・二輪車社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

フランスで新型コロナの接触追跡アプリ導入(06/05)

アクサ、飲食店の損害補償巡る批判に弁明(06/05)

仏、昼食代補助の上限を38ユーロに引き上げ(06/05)

ヴェオリア、豪に新方式の水処理施設(06/05)

英、取引信用保険に100億ポンドの政府保証(06/05)

ルノー、50億ユーロの政府保証融資を獲得(06/04)

日産、英工場の存続に警鐘 EUへの無関税アクセス維持訴え(06/04)

製糖テレオス、通期は3年ぶり黒字復帰(06/04)

仏で4年前の黒人青年死亡事件巡り抗議デモ(06/04)

5月は過去最低から脱却 ユーロ圏総合PMI確定値(06/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン