仏大統領、ゴーン被告拘留で日本に懸念表明

マクロン大統領は15日、昨年末に日本を無断出国し、レバノンに逃れた日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告について、日本での拘留時の状況について安倍首相に懸念を伝えていたことを明らかにした。ゴーン被告は日本の司法制度への批判を展開しているが、同大統領もこれを認めた…

関連国・地域: フランスアジア中東
関連業種: 自動車・二輪車社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

仏医薬品当局、治験薬の自己使用に警鐘(04/01)

ダウェックス、非個人データを無償提供(04/01)

欧州委、加盟国の企業支援策を引き続き承認(04/01)

ブイグ通信部門、従業員2割をレイオフへ(03/31)

仏、コロナ重篤者を特別列車で別地域へ移送(03/31)

英国、エアバスなどに人工呼吸器1万台発注(03/31)

仏政府、国が株式保有の企業に無配を要請へ(03/30)

三菱商事、ルノー株10%取得か(03/30)

仏消費者信頼感、3月は低下(03/30)

トタル、リベリア・シエラレオネ事業を売却(03/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン