仏大統領、ゴーン被告拘留で日本に懸念表明

マクロン大統領は15日、昨年末に日本を無断出国し、レバノンに逃れた日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告について、日本での拘留時の状況について安倍首相に懸念を伝えていたことを明らかにした。ゴーン被告は日本の司法制度への批判を展開しているが、同大統領もこれを認めた…

関連国・地域: フランスアジア中東
関連業種: 自動車・二輪車社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ルノー、ムーディーズがジャンク級に格下げ(02/20)

EU、2030年までに廃棄物量を半減へ(02/20)

造船ネイバル、豪地場企業の能力不足を懸念(02/20)

コメルツ銀、エムバンク売却を棚上げも(02/20)

アルストム、ボンバルディア事業買収で合意(02/19)

仏下院、年金改革法案の審議開始(02/19)

ルメール経済相、ルノーの工場閉鎖など懸念(02/19)

小売データ分析クォピウス、星同業が買収(02/19)

仏最西部のトマト農場で有害ウイルス確認(02/19)

ボンバルディア鉄道事業取得へ 仏アルストムが協議認める(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン