• 印刷する

スコットランド独立投票を拒否 英政府「投票は1世代に1度」

ジョンソン首相は14日、スコットランド自治政府のスタージョン首相宛ての書簡を公開し、自治政府が要求するスコットランドの独立の是非を問う新たな住民投票の実施を正式に拒否した。これに対してスタージョン氏は、1月中に対応と次の手段を明らかにすると表明している。BBC電子版などが伝えた。

ジョンソン首相は書簡の中で、2014年に行われた住民投票では自治政府も「1世代に一度の投票」と約束していたとして、英政府は「スコットランドの人々の民主的な決定と自治政府の約束を引き続き支持する」と表明。また新たな住民投票は、「スコットランドの過去10年にわたる政治的な停滞を長引かせ、スコットランドの学校や病院、雇用への対策を置き去りにする」と述べている。

スコットランド民族党(SNP)を率いるスタージョン氏は、昨年12月の総選挙でSNPが躍進したことを受け、新たな住民投票を要求する責務が生じたと主張。総選挙から1週間後にはジョンソン首相に書簡を送り、独立の是非を問う住民投票実施に向けた権限をスコットランドに委譲するよう求めていた。

スタージョン氏は英政府の正式な拒否について、「予想できたこと」としながらも、「スコットランドには選択する権利がある」と主張。保守党政権は、選択する権利を与えればスコットランドの人々が独立を選ぶことを恐れていると述べている。ただ同氏は、スペインのカタルーニャ自治州のような非公式な住民投票は実施しないことを明示している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

欧州首脳、米大統領就任祝う 「米・EU関係の再活性化を」(01/22)

イングランドの都市封鎖、感染抑制効果薄く(01/22)

ガラスのピルキントン、ポーランド工場拡張(01/22)

HSBC、英国内で管理職340人整理も(01/22)

車部品ヒューランド、印社が株式取得(01/22)

ファイザー製ワクチン、英変異種にも有効か(01/22)

インフレ率、12月は0.6%に加速(01/21)

生産者物価、12月は0.4%低下(01/21)

英国内最大漁港、水揚げ量が減少=EU離脱(01/21)

IAG、エア・ヨーロッパの買収額を半減(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン