• 印刷する

英領北ア、自治政府発足へ 主要2党が政府協定案を支持

英国とアイルランドの両政府は、英領北アイルランドの自治政府の発足に向けた協定案を公表した。親英強硬派の民主統一党(DUP)と親アイルランド派のシン・フェイン党が10日にこれを支持する方針を示したことから、2017年から続いていた政権不在にようやく終止符が打たれる見通しとなった。

英国のスミス北アイルランド相とアイルランドのコブニー副首相兼外相は9日夕、北アイルランド・ベルファストで同協定案を公表した。両政府はこの中で、公共サービスや政治システムの改善など、新政権が取り組むべき課題を提案。長年にわたり争点となっている北アイルランドでのアイルランド語の公用語化や、ベルファスト合意に基づく党派間の紛争の解決、北アイルランド議会における法案否決権などの問題についても解決への道筋を提示した。また同案には、英国とアイルランドによる支援策も含まれており、英政府は北アイルランドの医療サービスやインフラへの追加投資を約束している。ただ、具体的な金額は明らかにされていない。

DUPのフォスター党首は同案について、「完璧ではなく妥協の結果も含まれている」とした上で、「自治政府および議会を公正かつバランスのとれた形で再確立する土台となる」と評価。一方、シン・フェイン党のマクドナルド党首は「権力の共有は可能だと信じるが、それには全員が歩み寄る必要がある」と強調した。

北アイルランドでは、1998年に紛争の終結と和平実現に向けて結ばれたベルファスト合意に基づき、自治政府の閣僚ポストを親英派と親アイルランド派の主要政党が分け合うことになっている。しかし2017年1月に、DUPとシン・フェイン党の不和から政権が崩壊。同年3月の北アイルランド議会選挙後に行われた組閣協議も決裂し、自治政府の不在状態が続いていた。しかし、英政府が1月13日までに主要各党が合意に至らなければ地方選挙を実施するとしたことを受け、昨年12月にようやく、両党を含む主要5党が自治政府の発足に向けた協議を開始していた。この背景には、先の総選挙で議席を減らしたDUPとシン・フェイン党が地方選挙を避けたがっていることもある。


関連国・地域: 英国アイルランドデンマーク
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

ユニリーバ、管理職20%削減 事業を5部門に再編=構造改革(01/26)

政府保証融資の不正で担当閣僚が抗議の辞任(01/26)

英、入国規制緩和の発表で旅行予約が急増(01/26)

英首相官邸、規制下で首相の誕生日会か(01/26)

財政赤字、12月は大幅縮小(01/26)

南ア資源シバンイェ、英社から鉱山取得中止(01/26)

HSBC、香港で出社制限を強化(01/26)

米英、ウクライナから大使館職員家族ら退避(01/25)

英、接種者の入国後検査撤廃 未接種者も規制緩和=2月11日から(01/25)

セルビア、リオ・ティントの鉱床開発を中止(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン