米ワイン業界、対仏報復関税の影響を懸念

米通商代表部(USTR)は7~8日、フランスのデジタルサービス税(DST)に対する報復関税を巡る公聴会を開いた。USTRはフランス産のチーズやシャンパンなどに総額24億ドル相当の関税を課す方針だが、公聴会では、これが実行されれば米国の消費者や企業、労働者がその代…

関連国・地域: フランス米国
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

仏医薬品当局、治験薬の自己使用に警鐘(04/01)

ダウェックス、非個人データを無償提供(04/01)

欧州委、加盟国の企業支援策を引き続き承認(04/01)

ブイグ通信部門、従業員2割をレイオフへ(03/31)

仏、コロナ重篤者を特別列車で別地域へ移送(03/31)

英国、エアバスなどに人工呼吸器1万台発注(03/31)

仏政府、国が株式保有の企業に無配を要請へ(03/30)

三菱商事、ルノー株10%取得か(03/30)

仏消費者信頼感、3月は低下(03/30)

トタル、リベリア・シエラレオネ事業を売却(03/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン