米ワイン業界、対仏報復関税の影響を懸念

米通商代表部(USTR)は7~8日、フランスのデジタルサービス税(DST)に対する報復関税を巡る公聴会を開いた。USTRはフランス産のチーズやシャンパンなどに総額24億ドル相当の関税を課す方針だが、公聴会では、これが実行されれば米国の消費者や企業、労働者がその代…

関連国・地域: フランス米国
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

ルノー、昨年の世界販売台数は3.4%減少 最高記録の更新ならず(01/20)

エニとトタル、アンゴラで資源開発権を取得(01/20)

HSBC、エクイティー事業で100人整理か(01/20)

PSAの販売台数、通期は10%減少(01/17)

仏大統領、ゴーン被告拘留で日本に懸念表明(01/17)

史上2番目のダイヤ原石、LVMH宝飾品に(01/17)

航空機部品スペム・アエロ、台湾社が買収(01/17)

仏年金改革、またも抗議デモ=港閉鎖で欠航(01/17)

PSA、DSとシトロエンのトップ交代(01/16)

トタル、財務部門をロンドンからパリに移転(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン