ドイツ、炭素排出権の価格を引き上げも

ドイツ政府と各州は、欧州連合(EU)排出権取引制度(EU―ETS)の対象外となっている運輸分野や建物に対し2021年から導入する二酸化炭素(CO2)排出権の価格について、1トン当たり25ユーロとすることで合意したもようだ。当初の案では10ユーロだった。政府関係筋の話と…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

石炭火発全廃に向け合意 独政府と炭鉱保有の4州(01/17)

スウェーデン、近隣国への夜行列車運行も(01/17)

独政府、「バイオ経済」に36億ユーロ投資(01/17)

シェフラー、水素協議会のメンバー企業に(01/17)

兼松、デジタル画像の独社の一部株式を取得(01/17)

サンルーフのベバスト、中国で新工場が完成(01/17)

独全土で再びトラクターデモ(01/17)

独経済成長率、0.6%に減速 2019年は過去6年で最低(01/16)

政府とドイツ鉄道、860億ユーロ投資に調印(01/16)

欧州投資銀、独住宅建設に2.4億ユーロ融資(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン