ドイツ、炭素排出権の価格を引き上げも

ドイツ政府と各州は、欧州連合(EU)排出権取引制度(EU―ETS)の対象外となっている運輸分野や建物に対し2021年から導入する二酸化炭素(CO2)排出権の価格について、1トン当たり25ユーロとすることで合意したもようだ。当初の案では10ユーロだった。政府関係筋の話と…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

独GDP、第4四半期は改定値もゼロ成長(02/26)

ドイツの照明見本市、新型肺炎の影響で延期(02/26)

VW、中国工場の大半で生産再開=新型肺炎(02/26)

製薬スタダ、英GSKから15ブランド取得へ(02/26)

アウディ、「eトロン」生産を一時停止(02/26)

独の石炭火力発電所、環境活動家14人が侵入(02/26)

独中部でカーニバルに車突っ込み52人けが(02/26)

ハンブルク州議選、CDU敗北 得票率が過去最低=緑の党は躍進(02/25)

CDU、4月25日にメルケル首相の後継決定(02/25)

【スタートアップの履歴書】「鳥の目」で在庫管理ラクラク ドックス・イノベーション(ドイツ)(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン