• 印刷する

SPD党首に連立懐疑派ペア メルケル政権の維持不透明に

ドイツの連立与党に参加する中道左派の社会民主党(SPD)は11月30日、党首選の決選投票を行い、連立維持に懐疑的なノルベルト・ワルターボルヤンス氏とザスキア・エスケン氏のペアが得票率53.06%で勝利した。これにより、メルケル首相が所属する中道右派キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)との連立維持が危ぶまれている。

決選投票には党員の54%に当たる23万215人が参加。連立維持の是非が争点の一つとなっていた。連立の維持を主張していたショルツ財務相とクララ・ゲイウィッツ氏は、10月末に行われた第1回投票では首位に立ったものの、今回は得票率45.33%にとどまった。

ワルターボルヤンス氏のペアは今後、SPDは連立の見直しに踏み込み、総選挙を実施する可能性も出てくる。これにより、メルケル首相が2021年まで任期を全うできるかが不透明になっている。

SPDは党勢が低迷し、2017年9月の総選挙に続いて今年5月の欧州議会選挙でも大敗して得票率が15.6%にとどまったため、ナーレス党首が辞任していた。世論調査機関フォルサの最新調査でも支持率は14%程度まで落ち込み、緑の党(22%)を下回っており、党内では左派を中心に連立解消を求める圧力が高まっている。

党首選挙で勝利したワルターボルヤンス氏(右)とエスケン氏のペア(SPD提供)

党首選挙で勝利したワルターボルヤンス氏(右)とエスケン氏のペア(SPD提供)


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

オンライン食品販売Oda、2.2億ユーロを調達(04/09)

独財政収支、13年以来の赤字 新型コロナ対策で歳出大幅増加(04/09)

チェコ保健相、コロナ以降で3度目の交代(04/09)

ドイツ、短期ロックダウン導入の可能性も(04/09)

コンチネンタル、旧合弁事業買収で承認獲得(04/09)

製造業受注、2月は1.2%増加=内需好調(04/09)

伊・西、英製ワクチン投与を60歳以上に制限(04/09)

EU各国、英国製ワクチン対応で合意至らず(04/09)

ドイツ機械受注高、2月は12%増加(04/09)

垂直離着陸機リリウム、サウジ研究所が出資(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン