• 印刷する

米ティファニー買収で合意 LVMH、宝飾品事業を強化へ

仏高級ブランド大手LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンは25日、米宝飾品大手ティファニーの買収で合意したと発表した。取引額は162億ドルで、LVMHにとって過去最大の買収案件。これにより、宝飾品事業と米国市場での立場を強化する狙い。

LVMHは、ティファニーに対して1株当たり135ドルを全額現金で支払う。フィナンシャル・タイムズによると、LVMHによるティファニー買収の動きが明るみに出る前の営業日終値に37%のプレミアムを上乗せした水準。LVMHはこれに加え、ティファニーの負債3億5,000万ドルも請け負う予定だ。両社の取締役会はいずれも今回の取引を承認。取引はティファニーの株主や関係当局などの承認を経て、2020年半ばに完了する見通し。

LVMHは10月、ティファニーに対して1株当たり120ドルを支払うことを提示。しかしティファニーは、同社の価値を大きく過小評価しているとしてこの案を拒否していた。LVMHはこれを受け、提示額を130ドルに引き上げたことでティファニーの財務情報開示を取り付けていた。

ティファニーは業績が低迷し、電子商取引(eコマース)の拡大や若者向けの比較的安価な商品の投入などを進めるが苦戦している。LVMHの傘下には伊宝飾品ブランドの「ブルガリ」があるが、LVMHは買収後もブルガリとティファニーのブランドを維持するとともに、ティファニーにはブランド刷新のためにさらなる投資が必要と考えているとされる。[M&A]


関連国・地域: フランス米国
関連業種: 鉄鋼・金属金融小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

ITアトス、仏政府が戦略的事業に買収提案(06/17)

住商、エプシロンに出資=送電線需要に期待(06/17)

G7、ウクライナ融資で合意=露資産活用(06/17)

インフレ率、5月は2.3%に加速=改定値(06/17)

仏選挙、極右勝利なら再生エネ開発に打撃(06/14)

AIミストラル、6億ユーロ調達(06/13)

ゲームのブードゥー、人気SNSアプリ買収(06/13)

アトス、ワールドグリッド部門売却で協議(06/13)

仏、フィリピンと協定締結=ODA可能に(06/13)

EU、社用車の電動化進まず=脱炭素化遅れ(06/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン