A・ミタル、ポーランド事業停止に労組反発

鉄鋼で世界最大手のアルセロール・ミタル(ルクセンブルク)が、ポーランド南部クラクフ(Krakow)の溶鉱炉や製鉄所の稼働を一時休止する計画を巡り、労組がこれに猛反発している。ポーリッシュ・ニュース・ブリテンが19日伝えた。 それによると、操業停止は23日から実施されるが…

関連国・地域: ルクセンブルクポーランド
関連業種: 鉄鋼・金属雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

ポーランドの貿易収支、1~10月は黒字復帰(12/12)

PGNiG、ウクライナでガスの探査・採掘(12/11)

欧州委、32億ユーロの電池研究補助を承認(12/10)

ポーランドの失業率、11月は5.1%に悪化(12/09)

ポーランド新車登録台数、11月は4.9%増加(12/06)

ポーランドのスキー場でガス爆発、8人死亡(12/06)

ロトス、トヨタと水素燃料スタンドで提携(12/05)

ストック・スピリッツ、酒税増税で値上げへ(12/05)

日立など、ポーランドで電力系統安定化実証(12/04)

メルケル独首相、アウシュビッツ訪問へ(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン