A・ミタル、ポーランド事業停止に労組反発

鉄鋼で世界最大手のアルセロール・ミタル(ルクセンブルク)が、ポーランド南部クラクフ(Krakow)の溶鉱炉や製鉄所の稼働を一時休止する計画を巡り、労組がこれに猛反発している。ポーリッシュ・ニュース・ブリテンが19日伝えた。 それによると、操業停止は23日から実施されるが…

関連国・地域: ルクセンブルクポーランド
関連業種: 鉄鋼・金属雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

欧州企業、GDPRを労組活動の妨害に利用(03/23)

ポーランド鉱工業生産、2月は4.9%増加(03/20)

ポーランド平均賃金、2月は7.7%上昇(03/20)

チェコ国境で渋滞、コロナ警備強化が影響(03/19)

自動車各社、欧州での生産停止=新型コロナ(03/19)

欧州各国が出入国を厳格化 欧州委は旅行禁止措置を検討(03/17)

ポーランドの貿易収支、1月は黒字で横ばい(03/13)

EIB、ポーランドの風力発電事業に融資(03/12)

独金融当局、仮想通貨ATM業者を営業停止(03/11)

ポーランドの失業率、2月は横ばいの5.5%(03/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン