90年連合・緑の党、最低時給12ユーロを提案

ドイツの90年連合・緑の党は、先の党大会で社会や環境により優しい改革を目指す綱領を採択した。経済面の優先課題の一つとして、最低賃金を現行の1時間当たり9.19ユーロから12ユーロに引き上げる政策も打ち出している。ドイチェ・ウェレが伝えた。 同党は次期政権で連立相手とな…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

Ifo、来年の成長率見通し引き下げ(12/13)

インフレ率、11月は改定値も1.1%(12/13)

小売りメトロ、通期は13.7%増益(12/13)

旅行TUI、「737MAX」運航停止で25%減益(12/13)

ドイツ鉄道とノキア、自動運転列車を試験へ(12/13)

ヴィテスコ、PHVパワートレインを新開発(12/13)

ルフトハンザ航空、持ち株会社化を計画(12/13)

後払いクラーナ、ベルリンに技術拠点開設へ(12/13)

ダイムラー合弁、北京のNEV工場が完成(12/13)

独政府、破綻のトーマス・クック顧客に返金(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン