90年連合・緑の党、最低時給12ユーロを提案

ドイツの90年連合・緑の党は、先の党大会で社会や環境により優しい改革を目指す綱領を採択した。経済面の優先課題の一つとして、最低賃金を現行の1時間当たり9.19ユーロから12ユーロに引き上げる政策も打ち出している。ドイチェ・ウェレが伝えた。 同党は次期政権で連立相手とな…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

自動車輸出見通し、3月は過去11年で最低(04/07)

欧州、封鎖解除の検討段階に 各国が外出禁止など段階的緩和へ(04/07)

ブリュッセル航空、5月15日まで全便運休(04/07)

VW、英排ガス集団訴訟で敗訴=和解は拒否(04/07)

製造業受注、2月は1.4%減少(04/07)

仏伊西、死者数伸び減速=独も感染縮小傾向(04/07)

BMW、FCV向けパワートレインを初公開(04/07)

ユーログループ議長、コロナ債協議呼び掛け(04/07)

BMWの中国合弁、遼寧省で工場拡張(04/07)

印高裁、BMWの類似商標に差し止め処分(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン