保守党、税負担軽減での地方活性化を公約

英与党・保守党は、12月12日に実施される下院(定数650)選挙で勝てば、地方活性化に向けて、地方の小売店などの事業税負担を軽減する方針を打ち出した。 保守党は今回、課税評価額が5万1,000ポンドを下回る企業に対し、2020/21年度の事業税の控除率を現行の33%から50%に引き上…

関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

独政府、破綻のトーマス・クック顧客に返金(12/12)

与野党党首が激戦区で遊説 有権者に最後の訴え=選挙戦最終日(12/12)

保守党、単独過半数予測も労働党が追い上げ(12/12)

HSBC、脱税ほう助巡り米当局と和解(12/12)

英東部の養鶏場で鳥インフル確認(12/12)

HSBC、香港でスマホの口座開設サービス(12/12)

フィリピン証取、LSE傘下のシステム導入(12/12)

英国のパブ店舗数、過去10年で初の増加(12/12)

与野党、主要政策を重点発信 新聞写真巡り首相に逆風=選挙戦(12/11)

欧州委、航空会社のブラックリストを更新(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン